WEBサイト制作の勉強

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログです。

フェリカテクニカルアカデミー

ポートフォリオの制作

  1. ポートフォリオ制作でまず自身が把握する事は中に入れるコンテンツの分量です。今までの授業で作ったデータをもう一度見直し、手直しする物は手直して、ポートフォリに掲載する物を決めましょう。
  2. 次にwebのポートフォリオを何で作るかを決めましょう。選択肢としては、htmlとcssで制作するか、wordpressを使って作るか、またテンプレートを上手く使う事も視野に入れておきましょう。
  3. ポートフォリオ自体の仕様が決まってきたら、次に中に入れるコンテンツの見せ方を考えてみましょう。もちろん色々な見せ方がありますが、授業でやった「作品のサムネイル」→「作品の詳細ページ」→「自身で制作した作品」という順に見せていく方法は有効な方法の1つです。また、ディレクター志望の場合、photoshopillustratorだけで無く、パワーポイントやエクセルといったoffice系のソフトを使ってポートフォリオを作っても良いと思います。
  4. 次にポートフォリオ全体のデザインイメージとファーストビューのデザインを決めていきましょう。既存のサイトなどを参考にツカミのあるファーストビューを作ってみましょう。また面接等で「なぜこのファーストビューにしたのか?」と質問された時に答えられるように答えを準備しておきましょう。



webdesigner-go.com


www.creativevillage.ne.jp




ポートフォリオのフォーマット

ポートフォリオを作るに当たって、Bootstrapなどのフレームワークを使用する事も視野に入れておきましょう。
それぞれのメリット・デメリットを理解し、自身にとって最も有効だと思う物を選択する事が大事です。


bootstrapのテンプレート

templatemag.com

templatemag.com