WEBサイト制作の勉強

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログです。

フェリカテクニカルアカデミー

SVGを使ったアニメーション

carlphilippebrenner.com

tympanus.net

gardenstudio.com.br

jakearchibald.com

SVGとは?

SVG【 Scalable Vector Graphics 】とは、XMLベースの2Dベクター画像記述言語。2001年9月にW3C勧告として公開された。
ベクター画像は画像をビットマップ形式ではなく、線や面などの図形の集合体として扱うため、見る環境に応じて最適な表示が可能となる。
SVGではアニメーション機能などもサポートしており、Flashで行えるような簡単なインタラクティブコンテンツの作成が可能となっている。
SVGファイルはAdobe社のIllustratorに代表される画像編集アプリケーションで扱うことができるほか、HTMLとの連携を意識して、Webブラウザでも対応が進められている。
ちなみに、SVGXMLベースで策定された言語のため、テキスト形式のファイルで画像を表現するという珍しい形態を取っている。

SVGに対応しているブラウザー


blog.codecamp.jp




今回の授業ではSVGを単独で使用するだけでなく、HTMLファイルの中に記述し、css3アニメーションを併用します。
こうする事でブラウザー上で色々な表現方法が可能になります。
※ただしIEOperaは、全てのSVG要素でCSSアニメーションを受け入れないという問題があります。


変化させる方法は主に以下の3つがあります。

CSSプロパティ(transitionやanimation)を使う→簡単だけどIE未対応
setTimeout()を使う→IEも動くけど面倒
JavaScriptライブラリを使う→簡単&IEでも動くけどサイズが膨大
それぞれ、長所・短所があるので、状況に応じて使い分けると良いかと思います(ちなみにjQuerySVGの要素を扱えないので使えません)。


SVGのパスは、以下のようなプロパティを使って、スタイルを指定出来ます。

stroke:線の色
stroke-width:線の太さ
fill:塗りつぶしの色
stroke-dasharray:破線の間隔
stroke-dashoffset:破線の開始位置


今回は破線のプロパティである、stroke-dasharraystroke-dashoffsetを使い、線を引くアニメーションを作成します。





また、今回新たに出てきた「animation-fill-mode」プロパティもしっかり覚えましょう。
none(初期値)

キーフレームで指定されたスタイルは、アニメーションの前後には適用されません。

forwards

アニメーションの実行後にキーフレームの最後の指定が適用されます。

backwards

アニメーションの実行後、即座にキーフレームの最初のスタイル指定を適用します。

both

forwards と backwards の両方が適用されます。アニメーション実行前には backwards が、実行後には forwards があると考えると分かりやすいと思います。



<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>丸を別々に動かす</title>
<style>
#box {
  width:800px;
  margin:50px auto;
}
.st0{
  fill:none;
  stroke:#E72C28;
  stroke-width:10;
  stroke-miterlimit:10;
  stroke-dasharray:1000px;/*破線の間隔*/
  stroke-dashoffset:1000px;
  animation:circle-line0 1s linear forwards;
}
@keyframes circle-line0 {
  0%{stroke-dashoffset:1000px;}
  100%{stroke-dashoffset:0;}
}
.st1{
  fill:none;
  stroke:#3669B3;
  stroke-width:10;
  stroke-miterlimit:10;
  stroke-dasharray:1000px;/*破線の間隔*/
  stroke-dashoffset:1000px;
  animation:circle-line1 1s 0.7s  linear forwards;
}
@keyframes circle-line1 {
  0%{stroke-dashoffset:1000px;}
  100%{stroke-dashoffset:0;}
}
.st2{
  fill:none;
  stroke:#7DBE31;
  stroke-width:10;
  stroke-miterlimit:10;
  stroke-dasharray:1000px;/*破線の間隔*/
  stroke-dashoffset:1000px;
  animation:circle-line2 1s 1.4s linear forwards;
}
@keyframes circle-line2 {
  0%{stroke-dashoffset:1000px;}
  100%{stroke-dashoffset:0;}
}
</style>
</head>

<body>
<div id="box">
<svg version="1.1" id="レイヤー_1" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" x="0px"
	 y="0px" viewBox="0 0 459.8 200" style="enable-background:new 0 0 459.8 200;" xml:space="preserve">

<circle id="XMLID_1_" class="st0" cx="100" cy="100" r="95"/>
<circle id="XMLID_3_" class="st1" cx="228" cy="100" r="95"/>
<circle id="XMLID_4_" class="st2" cx="359.8" cy="100" r="95"/>
</svg>
</div>
</body>
</html>

モダンリセットCSSの「ress.css」

/*!
 * ress.css • v1.2.2
 * MIT License
 * github.com/filipelinhares/ress
 * 全ての要素にbox-sizing: border-box;.
 * 全ての背景画像にbackground-repeat: no-repeat.
 */html{box-sizing:border-box;-webkit-text-size-adjust:100%}*,:after,:before{background-repeat:no-repeat;box-sizing:inherit}:after,:before{text-decoration:inherit;vertical-align:inherit}*{padding:0;margin:0}audio:not([controls]){display:none;height:0}hr{overflow:visible}article,aside,details,figcaption,figure,footer,header,main,menu,nav,section,summary{display:block}summary{display:list-item}small{font-size:80%}[hidden],template{display:none}abbr[title]{border-bottom:1px dotted;text-decoration:none}a{background-color:transparent;-webkit-text-decoration-skip:objects}a:active,a:hover{outline-width:0}code,kbd,pre,samp{font-family:monospace,monospace}b,strong{font-weight:bolder}dfn{font-style:italic}mark{background-color:#ff0;color:#000}sub,sup{font-size:75%;line-height:0;position:relative;vertical-align:baseline}sub{bottom:-.25em}sup{top:-.5em}input{border-radius:0}[role=button],[type=button],[type=reset],[type=submit],button{cursor:pointer}[disabled]{cursor:default}[type=number]{width:auto}[type=search]{-webkit-appearance:textfield}[type=search]::-webkit-search-cancel-button,[type=search]::-webkit-search-decoration{-webkit-appearance:none}textarea{overflow:auto;resize:vertical}button,input,optgroup,select,textarea{font:inherit}optgroup{font-weight:700}button{overflow:visible}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button::-moz-focus-inner{border-style:0;padding:0}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button:-moz-focusring{outline:1px dotted ButtonText}[type=reset],[type=submit],button,html [type=button]{-webkit-appearance:button}button,select{text-transform:none}button,input,select,textarea{background-color:transparent;border-style:none;color:inherit}select{-moz-appearance:none;-webkit-appearance:none}select::-ms-expand{display:none}select::-ms-value{color:currentColor}legend{border:0;color:inherit;display:table;max-width:100%;white-space:normal}::-webkit-file-upload-button{-webkit-appearance:button;font:inherit}[type=search]{-webkit-appearance:textfield;outline-offset:-2px}img{border-style:none}progress{vertical-align:baseline}svg:not(:root){overflow:hidden}audio,canvas,progress,video{display:inline-block}@media screen{[hidden~=screen]{display:inherit}[hidden~=screen]:not(:active):not(:focus):not(:target){position:absolute!important;clip:rect(0 0 0 0)!important}}[aria-busy=true]{cursor:progress}[aria-controls]{cursor:pointer}[aria-disabled]{cursor:default}::-moz-selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}::selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}ul,ol{list-style:none;}a{text-decoration:none;}.wrapper{overflow:hidden;}body{overflow-y:scroll;}

既存サイトのトレース|家具のECサイト

今回トレースするサイトは非常にシンプルで今時な感じがする全画面を使ったグリッドデザインで出来たサイトです。
今の段階で細かい部分の作りをするのは少し難しいので、まずはワイヤーフレームのようにレイアウトのみにしぼって作っていきましょう。

f:id:yachin29:20190930213337j:plain

www.bloomingville.com

今回のレイアウトのポイント
  • 最大幅を指定したグリッドレイアウト
  • cssはモバイルサイズから指定(モバイルファースト)
  • ドミナントカラーを使ったデザイン
  • 可変のブロックに固定値のマージン
  • ある程度スクロールするとグローバルナビがページ上部に固定
  • スマホ時にはハンバーガーメニュー

などです。


ドミナントカラー

ドミナントとは「支配」するという意味です。色相を統一した多色配色をドミナントカラー配色といいます。
色相は同一色相で、トーンは自由に選択できる配色です。ただし必ず同一色相にしなければならないわけではなく、色相に統一感がある場合は隣接・類似色相から選択しても構いません。色と色との明度差を小さくすることでより統一感が生まれ、色によるイメージの支配を強く図ることができます。

f:id:yachin29:20190930214255j:plain


blog.iroko.jp



index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>家具のECサイトのトレース</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width">
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">

</head>
<body>
<header>
<h1>タイトル</h1>
<p id="hum-btn"><span></span></p>
</header>
<nav id="g-nav">
<ul>
<li><a href="#">Home</a></li>
<li><a href="#">Shop</a></li>
<li><a href="#">Collections</a></li>
<li><a href="#">Design philosophy</a></li>
<li><a href="#">About</a></li>
<li><a href="#">Creative Collection</a></li>
<li><a href="#">Press</a></li>
</ul>
</nav>
<div class="container">
<div class="main-wrapper">
<div class="main-box">
<div class="main-photo"></div>
<div class="main-txt"></div>
</div><!--/.main-box-->
<div class="main-box">
<div class="main-photo"></div>
<div class="main-txt"></div>
</div><!--/.main-box-->
<div class="main-box">
<div class="main-photo"></div>
<div class="main-txt"></div>
</div><!--/.main-box-->
</div><!--/.main-wrapper-->

<div class="philosophy"></div>

<div class="col-wrapper">
<div class="col-box">
<div class="col-photo"></div>
<div class="col-txt"></div>
</div><!--/.col-box-->
<div class="col-box">
<div class="col-photo"></div>
<div class="col-txt"></div>
</div><!--/.col-box-->
<div class="col-box">
<div class="col-photo"></div>
<div class="col-txt"></div>
</div><!--/.col-box-->
</div><!--/.col-wrapper-->
<footer></footer>
</div><!--/.container-->

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<script src="js/script.js"></script>
</body>
</html>


css

:root{
--base_color:#f0ede7;
--main_color:#e4dfd6;
--sub_color:#bed5db;
}

/*!
 * ress.css • v1.2.2
 * MIT License
 * github.com/filipelinhares/ress
 * 全ての要素にbox-sizing: border-box;.
 * 全ての背景画像にbackground-repeat: no-repeat.
 */html{box-sizing:border-box;-webkit-text-size-adjust:100%}*,:after,:before{background-repeat:no-repeat;box-sizing:inherit}:after,:before{text-decoration:inherit;vertical-align:inherit}*{padding:0;margin:0}audio:not([controls]){display:none;height:0}hr{overflow:visible}article,aside,details,figcaption,figure,footer,header,main,menu,nav,section,summary{display:block}summary{display:list-item}small{font-size:80%}[hidden],template{display:none}abbr[title]{border-bottom:1px dotted;text-decoration:none}a{background-color:transparent;-webkit-text-decoration-skip:objects}a:active,a:hover{outline-width:0}code,kbd,pre,samp{font-family:monospace,monospace}b,strong{font-weight:bolder}dfn{font-style:italic}mark{background-color:#ff0;color:#000}sub,sup{font-size:75%;line-height:0;position:relative;vertical-align:baseline}sub{bottom:-.25em}sup{top:-.5em}input{border-radius:0}[role=button],[type=button],[type=reset],[type=submit],button{cursor:pointer}[disabled]{cursor:default}[type=number]{width:auto}[type=search]{-webkit-appearance:textfield}[type=search]::-webkit-search-cancel-button,[type=search]::-webkit-search-decoration{-webkit-appearance:none}textarea{overflow:auto;resize:vertical}button,input,optgroup,select,textarea{font:inherit}optgroup{font-weight:700}button{overflow:visible}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button::-moz-focus-inner{border-style:0;padding:0}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button:-moz-focusring{outline:1px dotted ButtonText}[type=reset],[type=submit],button,html [type=button]{-webkit-appearance:button}button,select{text-transform:none}button,input,select,textarea{background-color:transparent;border-style:none;color:inherit}select{-moz-appearance:none;-webkit-appearance:none}select::-ms-expand{display:none}select::-ms-value{color:currentColor}legend{border:0;color:inherit;display:table;max-width:100%;white-space:normal}::-webkit-file-upload-button{-webkit-appearance:button;font:inherit}[type=search]{-webkit-appearance:textfield;outline-offset:-2px}img{border-style:none}progress{vertical-align:baseline}svg:not(:root){overflow:hidden}audio,canvas,progress,video{display:inline-block}@media screen{[hidden~=screen]{display:inherit}[hidden~=screen]:not(:active):not(:focus):not(:target){position:absolute!important;clip:rect(0 0 0 0)!important}}[aria-busy=true]{cursor:progress}[aria-controls]{cursor:pointer}[aria-disabled]{cursor:default}::-moz-selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}::selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}ul,ol{list-style:none;}a{text-decoration:none;}.wrapper{overflow:hidden;}body{overflow-y:scroll;}
 
 
 
 body{
 background: var(--base_color);
 }
 /*SPレイアウト*/
 header{
 width: 100%;
 height: 55px;
 padding: 5px 10px;
 background:var(--main_color);
 display: flex;
 flex-direction: row-reverse;
 justify-content: space-between;
 align-items: center;
 position: fixed;
 top: 0;
 left: 0;
 }
 h1{
 width: 150px;
 height: 36px;
 background: url(../img/logo.svg)no-repeat center center/contain;
 white-space: nowrap;
 text-indent: 100%;
 overflow: hidden;
 }
#hum-btn{
width: 40px;
height: 40px;
background: #FFF;
position: relative;
}
#hum-btn>span{
display: block;
width: 20px;
height: 2px;
background: #222;
position: absolute;
top: 0;
right: 0;
bottom: 0;
left: 0;
margin: auto;
}
#hum-btn>span::before{
display: block;
content: "";
width: 20px;
height: 2px;
background: #222;
position: absolute;
top: -14px;
right: 0;
bottom: 0;
left: 0;
margin: auto;
transition: 0.2s;
}
#hum-btn>span::after{
display: block;
content: "";
width: 20px;
height: 2px;
background: #222;
position: absolute;
top: 0;
right: 0;
bottom: -14px;
left: 0;
margin: auto;
transition: 0.2s;
}
#hum-btn.click>span{
background:transparent;
}
#hum-btn.click>span::before{
top: 0;
transform: rotate(45deg);
}
#hum-btn.click>span::after{
bottom: 0;
transform: rotate(-45deg);
}
/*ナビゲーション部分*/
#g-nav{
width: 100%;
height: calc(100vh - 55px);
background:var(--sub_color);
position: fixed;
top: 55px;
left: 0;
display: none;
}
#g-nav>ul{
background:var(--base_color);
padding: 20px;
}
#g-nav li{
margin-bottom: 16px;
}
#g-nav a{
color: #333;
display: block;
font-size: 14px;
}
/* メイン部分*/
.container{
padding-top: 65px;
max-width: 1366px;
margin: 0 auto;
}
.main-box{
margin-bottom: 10px;
}
.main-photo{
width: 100%;
height: 30vh;
background: url(../img/main01.jpg)no-repeat center center/cover;
}
.main-txt{
width: 100%;
height: 60vh;
background: #FFF;
}
.main-box:nth-of-type(2)>.main-photo{
background: url(../img/main02.jpg)no-repeat center center/cover;
}
.main-box:nth-of-type(2)>.main-txt{
background: #ddd1ba;
}
.main-box:nth-of-type(3)>.main-photo{
background: url(../img/main03.jpg)no-repeat center center/cover;
}
/*philosophy部分*/
.philosophy{
width: 100%;
height: 100vh;
background:#ada290;
margin-bottom: 10px;
}
/*カラムレイアウト部分*/
.col-box{
margin-bottom: 10px;
}
.col-photo{
width: 100%;
height: 25vh;
background: url(../img/col01.jpg)no-repeat center center/cover;
}
.col-txt{
width: 100%;
height: 45vh;
background: var(--main_color);
}
.col-box:nth-of-type(2)>.col-photo{
background: url(../img/col02.jpg)no-repeat center center/cover;
}
.col-box:nth-of-type(3)>.col-photo{
background: url(../img/col03.jpg)no-repeat center center/cover;
}

/*フッター部分*/
footer{
width: 100%;
height: 100vh;
background: var(--sub_color);
}

@media (min-width:768px){


/*メイン部分*/
.container{
padding: 65px 10px 10px;
}
.main-box{
display: flex;
justify-content: space-between;
}
.main-box:nth-of-type(2){
flex-direction: row-reverse;
}
.main-photo{
width:calc(66.66% - 10px);
height: 600px;
}
.main-txt{
width: 33.33%;
height: 600px;
}


/*カラムレイアウト部分*/
.col-box{
display: flex;
}
.col-photo{
width: 50%;
height: 400px;
}
.col-txt{
width: 50%;
height: 400px;
}

/*フッター部分*/
footer{
height: 500px;
}

@media (min-width:901px){
/*カラムレイアウト部分*/
.col-wrapper{
display: flex;
justify-content: space-between;
}
.col-box{
width: calc((100% - 20px) / 3);
display:block;
}
.col-photo{
width: 100%;
height: 220px;
}
.col-txt{
width: 100%;
height: 300px;
}
}


jquery

$(function(){

//ハンバーガー
$('#hum-btn').on('touchstart',function(){
$(this).toggleClass('click');
$('#g-nav').slideToggle();
});
});

タッチアイコンの設定方法

f:id:yachin29:20151111202701j:plain

スマートフォンの場合、PCのようにブラウザーから検索してWebサイトに行くよりも、ホーム画面に登録してあるアプリからワンタッチでWebサイトなりWebサービスを利用するケースがほとんどです。
なので、スマートフォンサイトを制作する場合には必ずスマートフォンのホーム画面に登録出来る「タッチアイコン」をPCサイトでのファビコンと同様に作っておく必要があります。
「タッチアイコン」を設定せずにスマホサイトをホーム画面に登録すると、サイト全体のキャプチャー画像が仮の「タッチアイコン」としてホーム画面に設置されてしまい、一見何のサイトか解らないので必ず「タッチアイコン」を設定しましょう。


ポイント

  • 画像に角丸等の処理はせず正方形で作る(ホーム画面に登録する際に自動で角丸等の処理が行われます)
  • 画像サイズは192px X 192px で書き出し出す(2019年9月現在)
IOSサファリの場合

タッチアイコンは各デバイス毎に大きさが細かく指定されています。
各デバイスのタッチアイコンの大きさ
f:id:yachin29:20151111205107j:plain


各デバイスに最適な大きなのタッチアイコンをそれぞれ用意する場合もありますが、

  • 各デバイスの推奨サイズに一致する大きさのアイコンがない場合は、推奨サイズよりも大きいアイコンの中で最小のアイコンが適用される。
  • 推奨サイズよりも大きいアイコンがない場合は記述してある最大のアイコンが適用される。

という仕様を踏まえると、IOSだけで考えるとタッチアイコンは1番大きい180px X 180pxサイズのみで問題ありません。

細かい仕様は以下の公式ガイドラインの通りです

https://developer.apple.com/library/ios/documentation/AppleApplications/Reference/SafariWebContent/ConfiguringWebApplications/ConfiguringWebApplications.html#//apple_ref/doc/uid/TP40002051-CH3-SW3developer.apple.com

Chrome for Android

Chrome for Androidの場合、公式ガイドラインでは192px X 192pxを推奨しています。

Chrome for Android公式ガイドライン
Add to Homescreen - Google Chrome

Android標準ブラウザ

Android標準ブラウザの場合、仕様が携帯端末によってバラバラで「これでOK」という物が無いので、なんとなくで対応。


それぞれのブラウザーの仕様を見比べた結果、
192px X 192pxサイズのタッチアイコンを1つだけ
用意するのがベストです。



タッチアイコンの設定方法

192px X 192pxで書き出したpng画像をHTMLファイルで設定します。
タッチアイコンはファビコンの時と同様、index.htmlファイルと同じ階層に裸で置いて下さい。
古いブラウザーへの対応も考えると記述はもっと多くなってしますが、現状では「iOS Safari and Chrome」と「 Android標準ブラウザ(一部)」の2つで十分です。

全てのページでタッチアイコンを表示させたい場合、全てのページにタッチアイコンを表示させる為の記述が必要になります。また、一部のAndroidではタッチアイコン画像のパスを絶対パスにしなければ表示されない場合があります。

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タッチアイコンを設定する</title>
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">

<!-- iOS Safari and Chrome -->
<link rel="apple-touch-icon" sizes="192x192" href="touch-icon.png">

<!-- Android標準ブラウザ(一部) -->
<link rel="shortcut icon" href="http://〇〇〇〇.com/touch-icon.png">
</head>

以上です。


参考ブログ
itexp.hateblo.jp




タッチアイコンに任意のタイトルを表示させる

「タッチアイコン」をホーム画面に登録すると、デフォルトの設定ではページタイトルの中身がタッチアイコンの下に表示されます。ただ文字数に制限(半角11文字{全角6文字}まで)があり場合によっては文字が見切れてしまうのでタッチアイコン用のタイトルをページタイトルとは別に設定しましょう。

<meta name="apple-mobile-web-app-title" content="タッチアイコン用のタイトル">

をタイトルタグの下に追加します。


<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タッチアイコンを設定する</title>
<meta name="apple-mobile-web-app-title" content="タッチアイコン用のタイトル">
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">

<!-- iOS Safari and Chrome -->
<link rel="apple-touch-icon" sizes="192x192" href="touch-icon.png">

<!-- Android標準ブラウザ(一部) -->
<link rel="shortcut icon" href="touch-icon.png">
</head>

タッチアイコンをホーム画面に追加する

IOS Safari」の場合

ブラウザーでWebサイトを表示し、「アクション」アイコンから「ホーム画面に追加」をタップします。

f:id:yachin29:20151112095231p:plain
「アクション」アイコンをタップ


f:id:yachin29:20151112095243p:plain
「ホーム画面に追加」をタップ


Androidの場合

Androidの場合、機種によって方法が全く違うので、以下のサイトを参考にして下さい。
http://promo.search.yahoo.co.jp/tips/2015/android_home_shortcut.htmlpromo.search.yahoo.co.jp

Faviconの設定

favicon(ファビコン)は、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称である。favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)という英語の語句を縮約したものである。

モダンブラウザーでは通常のPNGやGIF形式でも表示出来ますが、IEでは今のところ「.icoファイル」でないと表示出来ないので、PNGなどで作った画像を「.ico」ファイルにジェネレーターなどで変換しましょう。
Photoshopからそのまま「.icoファイル」に書き出せるプラグインなどもありますが、「.icoファイル」の特性であるマルチアイコン化(複数のサイズの画像を1つのicoファイルで持つ事が出来る)をするには、やはりネット上にあるジェネレーターを使うのが便利です。


ネット上にはfaviconジェネレーターは沢山ありますが、ここでは下記のジェネレーターを使います。
http://ico.bradleygill.com/index.php
qfor.info


faviconのサイズですが、基本的には16px×16pxですが、OSやデバイスによって様々ですべてに対応させるとなるときりが無くなってしまうので、今回は

の2種類のみに限定します。



Webサイトに必要なfaviconが21個になっていた - IT探検の追憶


肝心の記述ですがIEのバージョンによって多少変わってきますが、
今のところIE10以下にも対応させるには以下の記述がベターだと思います。

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>Faviconを表示させる</title>
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">
<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.ico"/>
<link rel="apple-touch-icon" href="touch-icon.png" />
</head>



favicon.ico はlink要素で明示的に指定するべきか

TwitterやFacebookなどのSNSをサイトに埋め込む

Webサイト上で新着情報や更新頻度の高い情報を表示させたい時には、TwitterFacebookなど既存のSNSプラグインを使うのが非常に便利です。

SNSプラグインを使用すれば、わざわざHTML内のデータを触る事無く、SNSに記事を投稿するだけでWebサイト内の情報が更新されます。クライアントにHTMLの知識が無い場合でも、前回の授業で紹介したGoogleカレンダーSNSプラグインを上手く使って、更新頻度の高いサイト作りを目指しましょう。

Twitter

Twitterのタイムラインを埋め込みます。タイムラインにも数種類ありますが、今回は一番シンプルな物を埋め込んでみましょう。Twitterの場合、公開されているものであれば、どのユーザーのタイムラインでも埋め込むことができます。非常に簡単に出来るので、積極的に使っていきましょう。


f:id:yachin29:20150318191943p:plain


ウジェット制作画面
https://publish.twitter.com/#

ウジェット制作画面で生成されるコードはそのままではローカル環境で確認する事が出来ません。
ローカルでウジェットを確認する場合はエンベットされているjavascriptのアドレスの頭に「https:」を付け加えましょう。



httpやhttpsを省略する

CSSJavascriptを読み込むときhttpやhttpsを省略する事が出来ます。この形であれば、リンク先が「http」のページから「https」のページに変更してもリンク先へのアドレスをわざわざ書き換える必要が無くなります。最近は大規模サイトのみならず小規模サイトでも「https」になっている場合が良くあるので、省略しておくと便利です。
ただ、この場合ローカルでは表示されない為、注意が必要です


Facebook

2015年6月にFacebookプラグイン機能が大幅に仕様変更してしまい、これまでの「Like Box」も2015年6月以降使う事が出来なくなってしまいました。今後は「Page Plugin」というプラグインを「Like Box」の代わりに使っていく事になります。


yachin29.hatenablog.com



Facebookの方もTwitterと同じようにプラグインを使用するのですが注意が必要です。Facebookの場合、個人のページでは出来ず、Facebookページ(旧ファンページ)のみがWebサイトに埋め込む事が出来ます。
なのでFacebookの場合、クライアントがFacebookのアカウントを持っていない場合、Facebookページを作成する所から始まります。


https://www.facebook.com/pages/create/

f:id:yachin29:20150318193353p:plain



Facebookページを作成したら、開発者ツールから埋め込みたいウジェットを選択し、コードをコピーしHTMLに貼り付ければOKです。ただFacebookの場合、サーバー環境上で無いとデータが表示されないのでXamppなどを使って確認してみましょう。

ページプラグイン - ソーシャルプラグイン - ドキュメンテーション - Facebook for Developers



facebookの場合、開発者メニューが英語表記なので、判らない場合は下記のサイトなどを参考にしてみて下さい。


smmlab.jp







index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ヒーローヘッダーを使用したシングルページの作成</title>
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">
</head>
<body>
<header>
<div class="header-inner">
<h1><img src="img/logo.svg" alt=""></h1>
</div>
</header>
<nav id="gnav">
<ul>
<li id="list01" class="current"><a href="#movie">MOVIE</a></li>
<li id="list02"><a href="#menu">MENU</a></li>
<li id="list03"><a href="#map">MAP</a></li>
<li id="list04"><a href="#sns">SNS</a></li>
<li id="list05"><a href="#form">FORM</a></li>
</ul>
</nav>
<div class="news">
<h2>News</h2>

<div class="inner">
<ul id="list">

</ul>
</div>
</div>/<!--.news-->

<div id="movie" class="box">
<div class="movie-wrapper">
<h2>YouTube</h2>
<div class="movie-inner">
<iframe id="ytube" loading="lazy" src="https://www.youtube.com/embed/jGbevSbPwOI" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
</div><!--/.movie-inner-->
</div><!--/.movie-wrapper-->

<div class="movie-wrapper">
<h2>MP-4</h2>
<div class="movie-inner">
<video src="img/Clouds-27197.mp4" autoplay muted></video>
</div>
</div>
</div><!--/.movie-->

<div id="menu" class="box">
<h2>Menu</h2>
<div class="tab-wrapper">
<ul id="tab">
<li class="active"><a href="#lunch">ランチ</a></li>
<li><a href="#diner">ディナー</a></li>
<li><a href="#drink">ドリンク</a></li>
</ul>
<div class="panel active" id="lunch">
<h3>ランチメニュー</h3>
</div>
<div class="panel" id="diner">
<h3>ディナーメニュー</h3>
</div>
<div class="panel" id="drink">
<h3>ドリンクメニュー</h3>
</div>
</div><!--/.tab-wrapper-->
</div><!--/#menu-->

<div id="map" class="box">
<h2>Map</h2>
<div class="map-inner">
<iframe id="gmap" loading="lazy" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3239.035124434673!2d139.7135035151128!3d35.725354680184026!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188d6be1f480b5%3A0x727a3472e73742fe!2z44OX44Oq44Oi44OX44Op44O844OI!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1583207851793!5m2!1sja!2sjp"  frameborder="0" style="border:0;" allowfullscreen=""></iframe>
</div><!--/.map-inner-->
</div><!--/#map-->

<div id="sns" class="box">
<div class="sns-inner">
<div class="tw">
<h2>Twitter</h2>
<div class="tw-inner">
<a class="twitter-timeline" data-width="300" data-height="500" data-theme="light" href="https://twitter.com/seiburailway?ref_src=twsrc%5Etfw">Tweets by seiburailway</a> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
</div>
</div>
<div class="fb">
<h2>Facebook</h2>
<div class="fb-inner">
<div id="fb-root"></div>
<script async defer crossorigin="anonymous" src="https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v6.0"></script>
<div class="fb-page" data-href="https://facebook.com/tokyo2020/" data-tabs="timeline" data-width="300px" data-height="500px" data-small-header="true" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="false"><blockquote cite="https://facebook.com/tokyo2020/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://facebook.com/tokyo2020/">Tokyo 2020</a></blockquote></div>
</div>
</div>
</div><!--/.sns-inner-->
</div><!--/#sns-->

<div id="form" class="box">
<h2>お問い合わせフォーム</h2>
<div class="form-inner">


</div>
</div><!--/#form-->

<footer>
<p><small>&copy; 2015-2020 FELICA CAFE</small></p>
</footer>
</body>
</html>


style.css

/* ヘッダー部分*/
 header{
 width: 100%;
 height: calc(100vh - 60px);
 background: url(../img/01.jpg)no-repeat center center/cover;
 }
 .header-inner{
 width: 100%;
 height: 100%;
 background: rgba(255,255,255,0.2);
 position: relative;
 }
 h1{
 width: 300px;
 height: 300px;
 position: absolute;
 top: 0;
 right: 0;
 bottom: 0;
 left: 0;
 margin: auto;
 }
 #gnav{
 width: 100%;
 height: 60px;
 background: #FFF;
 position: sticky;
 top: 0;
 z-index: 9999;
 }
#gnav.scroll{
box-shadow: 0 10px 20px #CCC;
}
 
 #gnav>ul{
 max-width: 960px;
 margin: 0 auto;
 display: flex;
 }
#gnav li{
width: 20%;
}
 #gnav a{
 display: block;
 text-align: center;
 line-height: 60px;
 color: var(--main_color);
 font-weight: bold;
 position: relative;
 z-index: 1;
 }

/* カレントの設定*/
#gnav a::after{
display: block;
content: "";
width: 80%;
height: 0;
background: #CCC;
position: absolute;
bottom: 20px;
left: 0;
right: 0;
margin: auto;
z-index: -1;
}
#gnav .current>a::after{
height: 14px;
transition: 0.2s;
}


/*ニュース部分*/
.news{
margin: 100px 0;
}
.inner{
max-width: 960px;
margin: 0 auto;
}
h2{
text-align: center;
font-size: 30px;
color: var(--main_color);
margin: 30px 0 20px;
}
#list>li{
margin-bottom: 40px;
font-size: 20px;
color: var(--main_color);
}
#list>li>span{
background: var(--main_color);
color: #FFF;
padding: 5px 10px;
margin-right: 50px;
}
#list>li:nth-of-type(n+5){
display: none;
}

/*共通部分*/
.box{
margin-bottom: 200px;
height: 200vh;
}
/* movie部分*/
.movie-wrapper{
margin-bottom: 100px;
}
.movie-inner{
width: 960px;
height: 540px;
margin: 0 auto;
}
#ytube{
width: 100%;
height: 100%;
}

/*menu部分*/
.tab-wrapper{
max-width: 960px;
margin: 0 auto;
}
#tab{
display: flex;
width: 60%;
}
#tab>li{
width: 33.33%;
height: 60px;
}
#tab>li>a{
display: block;
background: var(--main_color);
color: #FFF;
line-height: 60px;
text-align: center;
border-radius: 10px 10px 0 0;
}
#tab>li.active>a{
background: #AAA;
}
#tab>li:nth-of-type(-n+2)>a{
border-right: 2px solid #FFF;
}
.panel{
height: 400px;
border: 10px solid #AAA;
box-sizing: border-box;
display: none;
}
.panel.active{
display: block;
}

/*map部分*/
.map-inner{
max-width: 960px;
height: 400px;
margin: 0 auto;
}
#gmap{
width: 100%;
height: 100%
}

/*SNS部分*/
.sns-inner{
max-width: 800px;
margin: 0 auto;
display: flex;
justify-content: space-between;
}
.fb{
width: 300px;
}


/*お問い合わせフォーム*/

.form-inner{
max-width:960px;
height: 940px;
margin: 0 auto;
}
#g-form{
width: 100%;
height: 100%;
}

/*フッター部分*/
footer{
background: var(--main_color);
color:#FFF;
height: 100px;
}
footer>p{
text-align: center;
line-height: 100px;
}

jQuery

$(function(){
//外部ファイルを読み込み
$('#list').load('list.txt');

//タブパネル
//#tab>li>aをon.clickしたら
$('#tab>li>a').on('click',function(){
//thisの親要素liに「.active」をaddClassして、他のliの「.active」をremoveClassする
$(this).parent('li').addClass('active').siblings('li').removeClass('active');
//クリックしたa要素のhref属性を変数に代入
var target=  $(this).attr('href');
//console.log(target);
//変数を要素に変換し「.active」をaddClassして、他の.panelの「.active」をremoveClassする
$(target).addClass('active').siblings('.panel').removeClass('active');

return false;
});

//スムーススクロール
// #で始まるアンカーをクリックした場合に処理
//[#tab>li>a]は除外
   $('a[href^="#"]').not('#tab>li>a').on('click',function() {
     // 移動先を取得
      var href= $(this).attr('href');
      var target = $(href);
      // 移動先を数値で取得
      var position = target.offset().top-100;
      // スムーススクロール
      $('body,html').animate({scrollTop:position},300);
      return false;
   });

//カレント表示
$(window).on('load resize',function(){
  var pos01 = 0;
  var pos02 = $("#menu").offset().top-110;
  var pos03 = $("#map").offset().top-110;
  var pos04 = $("#sns").offset().top-110;
  var pos05 = $("#form").offset().top-110;
  console.log(pos03);
  $(window).on('load resize scroll',function(){
    var posScroll = $(window).scrollTop();
  if(pos01 <= posScroll && posScroll < pos02){
  $("#list01").addClass('current').siblings('li').removeClass('current');
  }else if(pos02 <= posScroll && posScroll < pos03){
  $("#list02").addClass('current').siblings('li').removeClass('current');
  }else if(pos03 <= posScroll && posScroll < pos04){
  $("#list03").addClass('current').siblings('li').removeClass('current');
  }else if(pos04 <= posScroll && posScroll < pos05){
  $("#list04").addClass('current').siblings('li').removeClass('current');
  }else if(pos05 <= posScroll){
  $("#list05").addClass('current').siblings('li').removeClass('current');
  }
  });
});

//スクロールでaddClass
//headerの高さを変数に代入
var h = $('header').outerHeight();
$(window).scroll(function(){
//headerの高さ以上スクロールしたら#gnavに.scrollをadd
  if($(this).scrollTop() > h) {
  $('#gnav').addClass('scroll');
  }else{
  $('#gnav').removeClass('scroll');
  }
});
});