読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBサイト制作の勉強|フェリカテクニカルアカデミー

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログ。東京池袋のフェリカテクニカルアカデミーでは求職者支援訓練の一環として、WEBサイト制作を学ぶことができます。

サイト制作のワークフロー

webサイト制作におけるワークフローの一例

f:id:yachin29:20161020200618p:plain

ヒアリング

クライアントとのヒアリングの時点で、方向性やサイトの目的、そしてサイトに盛り込むコンテンツなどを明確にします。また、その事をクライアントとしっかりと共有する事が大事です。その為にはしっかりとクライアントのいう事に耳を向け、クライアントの要望を言語化する必要があります。

サイト設計

ヒアリングであがったコンテンツの洗いだしを行い、これらをグルーピングしフローチャートサイトマップ)と呼ばれるページの遷移の画面に視覚化し、まとめます。

ラフデザイン・ワイヤーフレームの作成

各ページの画面に盛り込む内容を検討し、まずは手書きのラフで良いので、全体のレイアウトなどを考え、次にIllustrator等のソフトを使って「ワイヤーフレーム」と呼ばれる線画に起こします。

カンプ制作

カンプとは「comprehensive layout」が省略されたもので、「comprehensive」には「包括的な」「総合的な」といった意味があります。カンプの段階でカラースキム(配色計画)・寸法をしっかりと考えながら図面に起こし、デザインやレイアウトも含めた全体像を作ることで完成品のイメージを把握出来るものを作成します。いわばwebサイトの設計図です。

スライス・コーディング

webサイトの設計図であるカンプを元に細かくパーツ別にわけ(スライス)、コーディングをしてサイトを組み立てます。

動的プログラムの導入

プログラムを導入する意図を明確にし、ユーザビリティーの高いサイトを作るよう心がけましょう。

検証

仮サーバーにアップして、リンクやユーザービリティなどを検証します。

プレゼンテーション

1人1人、プレゼンテーションを行ってもらいます。