読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBサイト制作の勉強|フェリカテクニカルアカデミー

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログ。東京池袋のフェリカテクニカルアカデミーでは求職者支援訓練の一環として、WEBサイト制作を学ぶことができます。

未経験者のポートフォリオの作り方

未経験者にとってポートフォリオをどうやって作れば良いか?
非常に悩むところです。

http://katoshun.com/blog/からの抜粋です。

未経験者のポートフォリオに載っている作品は、以下のようなものがほとんどです。

  • スクールの課題で作った架空の会社のサイト
  • スクールの課題で作った趣味のサイト
  • スクールの課題で作ったPhotoshopIllustratorの練習のためのイラスト
  • 自分のブログ


一方、私が内定を出した未経験者(20代後半の方)のポートフォリオは以下のようなものでした。

  • スクールの課題で作った架空の会社のサイト
  • スクールの課題で作った趣味のサイト
  • スクールの課題で作ったPhotoshopIllustratorの練習のためのイラスト
  • 自分のブログ
  • 飛び込みをして作らせてもらった雑貨屋のサイト
  • 知り合いのフリーランスデザイナーから請け負ったランディングページ(商品を案内するための1ページもののサイト)


授業でも散々言っている事ですが、ポートフォリオに自身の成果物を掲載する上で、架空サイトや授業で作った演習サイトだけではアピール不足です。特に未経験者であればなおさら、それだけで結果を出すのは至難の業と言えます。
なのでうちの学校では3ヶ月目に実際にクライアントを生徒自身で探してもらい、クライアントワークを含めた活きたサイト制作を行って貰っています。
さらに、自身のポートフォリオには制作したクライアントサイトのキャプチャーやアドレスを貼るだけでなく、クライアントワークの詳細や、どういう工程を経てサイトの完成に至ったかなどの内容もしっかりと入れてアピールしましょう。


katoshun.com

 

shiromatakumi.hatenablog.com



また、ポートフォリオを作るに当たって、WordPressやBootstrapなどのフレームワークを使用する事も視野に入れておきましょう。
それぞれの長所・短所を理解し、自身にとって最も有効だと思う物を選択する事が大事です。

Bootstrapのテンプレート

coliss.com


designup.jp


 

HTML5&CSS3ベースのテンプレート

coliss.com


blog.nest-online.jp


photoshopvip.net