読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBサイト制作の勉強|フェリカテクニカルアカデミー

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログ。東京池袋のフェリカテクニカルアカデミーでは求職者支援訓練の一環として、WEBサイト制作を学ぶことができます。

Unknown collation: 'utf8mb4_unicode_ci' のエラーの原因

WordPress

WordPressを仮想サーバーからレンタルサーバー等にデータ移行(デプロイ)する際に

Unknown collation: 'utf8mb4_unicode_ci

というエラーが出る事があります。
これは仮想サーバーよりレンタルサーバーのデータベースのバージョンが低い場合に出る事があります。
「utf8mb4」というのは「utf8」の拡張版であり、今まで使われていた文字セットにさらに追加の文字セットが使えるようなります。
「utf8mb4」はバージョンが5.5.3以上のMySQLのデータベースで使用する事が出来ます。



問題は、WordPress 4.2からセキュリティー上の仕様でユーザーの許可なく、自動的にデータベースの文字コードを「utf8mb4」にしてしまうことです。例えば、5.5.3以上のMySQLのデータベースで、データベースを作成する際に、「utf8_general_ci」で作っても、新しいバージョンのwordpressと紐付けした際に、自動で「utf8mb4_unicode_ci」に書き換えられてしまいます。


その「utf8mb4_unicode_ci」に自動で書き換えられてしまった、データベースのデータを「utf8mb4」に対応していない古いデータベースにデータ移行しようとすると、冒頭のエラーが出てしまいます。



なので、仮想サーバーからエクスポートしたsqlファイルの中身に書かれている、
「utf8mb4_general_ci」「utf8_general_ci」
「utf8mb4」「utf8」テキストエディター等で置換する必要があります。


また、wp-config.php のデータベースの文字セットの設定(DB_CHARSET)が「utf8」のままであれば、SQL ファイル内の文字列置換だけでいけるようですが、

define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8mb4’); 

になっている場合は

define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8‘); 

に変更する必要があります。


それか、仮想サーバーのデータベースのデータをエクスポートする際に、

  1. 「エクスポート方法」を「詳細 – 可能なオプションをすべて表示」にチェックを入れる
  1. 「フォーマット特有のオプション」にて「他のデータベースシステムまたは古い MySQL サーバとの互換性:NONE」となっているところを「MYSQL40」に変更。
  1. で、他をいじらずにそのまま保存


もしくは、勝手にMySQLのルールをutf8からutf8mb4に変更させたくない場合は、wp-config.phpの中に「DO_NOT_UPGRADE_GLOBAL_TABLES」を記述するという方法もあります。

define('DO_NOT_UPGRADE_GLOBAL_TABLES', true);

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





WordPressでサイトを制作する際に便利なチート集

WordPressで制作を進める際に、色々と引っかかってしまう一番の理由はやはりWordPress特有の「WordPressテンプレートタグ」の存在だと思います。暗記出来ればそれに越したことは無いですが、現実的にはそれも中々難しいので、カンニングペーパー的なまとめ集を上手く活用しましょう。


www.webcreatorbox.com


WordPressで困った時に役立つお助けコード8つ | Webクリエイターボックス


少しのコードで実装可能な20のWordPress小技集 | Webクリエイターボックス