WEBサイト制作の勉強

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログです。

WordpressをXAMPPからサーバーにデプロイする

授業ではXAMPP環境でWordPressの制作を進めましたが、ポートフォリオ等に載せる為にはWordPressのデータを別サーバーに移行する必要があります。
データ移行用のプラグインなどもありますが、ここでは手作業でデータの移行を行います。

WordPressサイト(XAMPP)のバックアップ
まずは旧サイトのデータのバックアップを取ります。バックアップはあくまでもバックアップなので、このバックアップデータは何があってもいじることの無いようにしましょう。
万が一何か問題があってもこのバックアップデータがあれば作業前の状態に戻すことが出来ますが、このバックアップデータをいじってしまうと、場合によってはwordpressが消えてしまうこともあります。

WordPressの移行に必要なデータ4つ

WordPressのダッシュボード上からエクスポートしたxmlファイル(投稿記事や固定ページのデータ)
データベースからエクスポートしたsqlファイル(データベース内のテーブルデータ)
オリジナルテーマを使っている場合はテーマフォルダーや画像が格納されているwp-contentのフォルダー
それと念のためにデータベース情報が記載されているconfigファイルもバックアップを取っておきましょう。



新しいWordPressサイトにインポート
バックアップを取ったデータを新しいWordPressサイトにインポートします。
注意が必要なのはアドレスが変わる時で、sqlデータの書き換えが必要になります。データベースの一部の情報はドメインに関わるもので、このまま放置しておくと、WordPressの管理画面や記事内の画像リンクなどが旧ドメインへリンクしたままになります。これらを修正するにはSQL文を利用します。

データベース内のURL書き換え例
古いサイトのURL http://localhost/wordpress
新しいサイトのURL http://yachin29.webcrow.jp/wrodpress

注意が必要なのはURLの最後に「/」が入っているとエラーになるので、必ず取ってください

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, '古いサイトのURL', '新しいサイトのURL') WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';
UPDATE wp_posts SET guid = replace(guid, '古いサイトのURL', '新しいサイトのURL');
UPDATE wp_posts SET post_content = replace(post_content, '古いサイトのURL', '新しいサイトのURL');
UPDATE wp_postmeta SET meta_value = replace(meta_value,'古いサイトのURL', '新しいサイトのURL');

実行後、wp_optionsなどのテーブルを表示させ、「siteurl」と「home」の値が新しい値になっているか確認して下さい。

このままではXAMPPで使用していたIDと新しいサイトで作ったIDが混在した状態になっているので、データベース内で新しく作られたIDを削除し、XAMPPで使用していたID名を新しいID名にSQL文で差し替えます。

update wp_users set user_login='新ユーザ名' where ID=1;


しかし、これだけではwidgetプラグインが正常に動作しなくなる場合があります。
理由はシリアライズというものにあります。
データベース内のURLはすべてシリアライズされていて番号と紐付けされます。URLを置き換えるだけだと、シリアライズの部分とURLの文字数の整合性がとれなくなって不具合がでる場合があります。

なので、widgetプラグインまで完全に再現したい場合は、シリアライズされたURLを完全に書き換える必要があります。

以下のスクリプトを使えば、シリアライズされたURLを完全に書き換える事が出来ます。
Database Search and Replace Script in PHP / Interconnect IT – WordPress Consultants, Web Development and Web Design


bge.jp