WEBサイト制作の勉強

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログです。

Illustratorで放射状のオブジェクトを作る

よくバナーなんかで見る、放射状の背景。

こんなやつです。

f:id:yachin29:20160819234847p:plain
http://retrobanner.net/archives/6923


f:id:yachin29:20160819235108j:plain
http://retrobanner.net/archives/6895


作り方は色々なやり方がありますが、1番簡単なのは楕円を線のみにして、「線幅」と破線の「線分」と「間隔」で調整するやり方です。



1、まずは300✕250の長方形を作り、塗りの色を放射状の片方の色に設定する。塗りのみで線は無し。
2、楕円形ツールで60pxの正円を作り、整列パレットで中心に移動。
f:id:yachin29:20160819232837j:plain


3、円は線のみで塗りは無し。線の色は放射状のもう片方の色を指定。
f:id:yachin29:20160819233025j:plain


4、線パレットを出して、今回は細めの放射状を作りたいので「線幅」を1000px。破線にチェックを入れ「線分:
6px」と「間隔:6px」。この辺の値は放射状の線の細さや間隔によって変わります。
f:id:yachin29:20160819233610j:plain


これで、簡単に放射状のオブジェクトが出来ました。
あとは文字にアピアランスを掛け、袋文字などにしてみましょう。

文字をアウトライン化せずにグラデーションをかける方法

通常、文字はアウトライン化しパスにしてからグラデーションをかけますが、今回はテキストオブジェクトのままグラデーションをかける方法です。

まずはテキストツールで文字を書き、「塗り:無し」「線:無し」に設定します。
もちろん「塗り」も「線」も無しなので何も見えなくなります。
f:id:yachin29:20160820113836j:plain


次にアピアランスパネルを出して、新規塗りを追加します。
f:id:yachin29:20160820124913j:plain


新規塗りで追加した塗りに対してグラデーションを掛けます。
f:id:yachin29:20160820114419j:plain


グラデーションの色を調整しそれっぽくして、線を追加し袋文字に。
f:id:yachin29:20160820124440j:plain


最後に必要な文字や菱型などの飾りを追加しかんせいです。
f:id:yachin29:20160820123559p:plain

今回のポイント

今回、文字にアピアランスを設定する前に、塗りと線を一旦無しにしました。簡単に言うとその後の作業効率を高めるためですが、
詳しくは以下のブログに書いてあるので、興味のある人は見ておきましょう。

www.dtp-transit.jp