WEBサイト制作の勉強

WEBサイト制作の勉強の為の解説ブログです。

レスポンシブデザイン

スプリットレイアウト完成版

HTMLソース <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width"> <title>スプリットレイアウト</title> <link rel="stylesheet" href="css/style.css"> <link rel="stylesheet" href="css/jquery.bxslider.css"> </link></link></meta></meta></head></html>

スプリットレイアウトの作成

http://yachin29.webcrow.jp/sprit/ <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width"> <title>スプリットレイアウト</title> <link rel="stylesheet" href="css/style.css"> <link rel="stylesheet" href="css/jquery.bxslider.css"> </link></link></meta></meta></head></html>

会社概要の作成

会社概要会社名 株式会社フェリカ企画 所在地 東京都豊島区南池袋2-12-9 KKビル4F 設立日 2000年1月1日 代表取締役 山田太郎 資本金 10億円 関連会社 フェリカ・インターナショナル Company infoCompany Name Felica Co.,Ltd. Company Address KK Bldg-4F…

スプリットレイアウトの作成

スプリットレイアウト(Split Layout)とは スプリットレイアウトとは、中央などの境界線をもとにコンテンツを分割したレイアウトの事です。例えば左右に分割し、画面を大きく使用することで、制約のあるウェブページを有効に使うことができ、また各コンテンツ…

既存サイトのトレース|フルスクリーンレイアウト

今回トレースするサイトは非常にシンプルで今時な感じがする全画面を使ったグリッドデザインで出来たサイトです。 今の段階で細かい部分の作りをするのは少し難しいので、まずはワイヤーフレームのようにレイアウトのみにしぼって作っていきましょう。www.bl…

タッチアイコンの設定方法

スマートフォンの場合、PCのようにブラウザーから検索してWebサイトに行くよりも、ホーム画面に登録してあるアプリからワンタッチでWebサイトなりWebサービスを利用するケースがほとんどです。 なので、スマートフォンサイトを制作する場合には必ずスマート…

.htaccessの作成

「.htaccessファイル」を使った自動振り分け スマートフォン利用者を自動的に「スマートフォン版サイト」へ誘導できるよう、「アクセス者の端末に応じて自動でアクセス先を振り分ける機能」を作ってみましょう。この授業では「.htaccessファイル」を使って、…

ローディング中にアニメーション画面を表示させる

liginc.co.jp photoshopvip.net uxmilk.jp 最近は、トップページに全画面サイズの画像や動画を表示させているサイトも珍しくありません。アイキャッチとしては非常に有効ですが、どうしてもデータサイズが大きくなり、表示に時間がかかってしまいます。また…

フルスクリーンレイアウトのレスポンシブデザイン

スマホレイアウト 今まではカラムレイアウトを中心にレスポンシブデザインサイトの制作をして来ましたが、今回は既存のサイトをモデルにした全面レイアウトでのレスポンシブサイトを作っていきましょう。全面レイアウトの場合、そのような考えで画像をサイズ…

グリッドレイアウトのレスポンシブ化

グリッドレイアウトはレスポンシブデザインとの親和性が高く、容易にレスポンシブ化出来るため、初心者にとっては良い練習素材になります。 レスポンシブ化するために必要な作業 まずは今回のレイアウトでの必要なブレイクポイントの数とサイズを理解する。…

レスポンシブデザイン基礎1

レスポンシブデザインとは? レスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。ブラウザーのスクリーンサイズを基準にCSSでレイア…

レスポンシブデザイン基礎2

レスポンシブWebデザイン(RWD)の制作 レスポンシブWebデザインでは、あらゆるデバイスに対して単一のWebページ(HTML)を使い、スクリーンサイズ(画面幅)を基準にCSSだけを切り替えてレイアウトを調整します。小さいスクリーンに対しては小さいスクリー…

slideToggleに合わせてテキストを変更させる

今回は以前作った既存サイト(キリン)の二ユースリリース部分に「もっと見る」ボタンを作り、さらにそのボタンのテキストをslideToggleの動きに合わせて「もっと見る」と「閉じる」に切り替えます。 slideToggleの動きに合わせたスイッチの作成 以前はtoggl…

header部分の制作

以前、既存のサイトをモデルにしてレスポンシブサイトを制作し、jQueryのプラグインを使いトップにスライダーを導入しましたが、モデルサイトに最も近い形のスライドショーを導入したパターンが今回のやつです。 今回のスライドショーの主なポイントブラウザ…

レスポンシブサイトのナビボタンを画像で作る

前回の授業で作ったギャラリー部分とスライダーにナビゲーションを追加します。 レスポンシブサイトのナビゲーションを画像で作る場合、レスポンシブを加味した画像作りを心がけましょう。 また、今回のナビゲーションボタンの画像はCSSスプライトで作ります…

モバイルファーストを意識したレスポンシブデザインサイトの制作 4

ここまでで、PC時のレイアウトも含めほぼ完成ですが、今のままだとPC時にもjQueryのアコーディオンパネルが動いてしまうので、if文でウィンドウサイズがスマホサイズの時のみに動くように条件分岐をしてみましょう。 また、スマホの機種によっては、「touchs…

モバイルファーストを意識したレスポンシブデザインサイトの制作 3

レスポンシブサイトのタブレット・PCレイアウトを完成させます。 作例http://yachin29.webcrow.jp/sp-pc/ タブレット・PCレイアウトを完成させる為に行うことHTMLにタブレット・PC専用のコンテンツを挿入する。 ブレイクポイントを指定し、タブレット・PC用…

メガドロップダウンメニューの導入

最後にPC用のナビにメガドロップダウンメニューを入れます 最近よく見かけるメガドロップダウンメニュー。特にコーポレートサイトなど情報量が多いサイトでは、リンク先のページに飛んでからさらにそのページの中から目当てのコンテンツを探さなければならな…

既存サイトのトレース ニュースリリース部分

PCレイアウト タブレット(959px〜641px) スマホ時(640px以下) このようなニュースリリース部分はレスポンシブを考えるとul要素を使ってコーディングする方が簡単に出来るので、多くの場合はul・liで組まれていますが、文章構造的にはdl要素を使う方が良…

既存サイトのトレース キリン編

以前も言ったように既存のサイトをトレースする事は、非常に勉強になるので、積極的にやって行きましょう。 今回はキリンのサイトをトレースします。 こういったコンテンツの多いコーポレートサイトは細かい箇所の処理が多く、PCで見せる物とSPで見せる物を…

カフェサイトの作成

参考サイトhttp://racines-park.com/

レスポンシブデザイン グリッドレイアウト

グリッドレイアウトとはグリッドとは「格子状の」という意味がありますが、画面をいくつかのサイズのブロックで組み合わせ、コンテンツを配置していく画面設計手法のひとつです。元々紙媒体でよく使われたレイアウト方法ですが、Webでもレスポンシブデザイン…

Cotorier Cafeのスマホレイアウト

Cotorier CafeのPCレイアウト

各要素のレイアウトが上手くいかない場合は背景色を入れて可視化したり、webデベロッパーツールで要素を可視化出来るようにしましょう。 コーディング例 HTML <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <title>Cotorier Cafe</title> <meta name="viewport" content="width=device-width"> <link rel="stylesheet" href="css/style.css"> </head> <body> </body></html>

固定カラムレイアウトをフルードグリッドにする

授業で作った固定カラムレイアウトのCSSファイルを書き換えて、フルードグリッドにします。 フルードグリッド フルードグリッドは、Webページの要素を罫線や升目に沿って配置する「グリッドデザイン(Grid Design)」と、ブラウザーの横幅が変わってもレイア…

レスポンシブデザイン実践1

今までの内容を踏まえて実際にレスポンシブサイトを制作していきましょう。 まずはシンプルな2カラムレイアウトをレスポンシブ化してみましょう。 今回のブレイクポイントは PCサイズ 960px以上 タブレットサイズ 768px~959px スマートフォンサイズ 767px以…

既存サイトのトレース フッター部分とメガドロップダウンメニューの作成

フッター部分の制作 PC時のレイアウト スマホ時のレイアウト <footer> <div class="inner"> <ul> <li><a href="#">商品情報</a></li> <li><a href="#">○○○○○○</a></li> <li><a href="#">○○○</a></li> <li><a href="#">○○○</a></li> </ul> <ul> <li><a href="#">キャンペーン</a></li> <li><a href="#">○○○○○○○</a></li> <li><a href="#">○○○○○</a></li> </ul> </div></footer>

既存サイトのトレース ニュースリリース部分

前回はdl要素を使いましたが、今回はli要素でマークアップをしていきましょう。 文章構造 <div id="News_area"> <div id="News_release"> <h2 id="News_click">ニュースリリース</h2> <ul id="News_text"> <li><span>2016年9月2日</span><a href="#">[スプリングバレーブルワリー東京(代官山)限定]「秋三昧」を新発売</a></li> <li><span>2016年9月1日</span><a href="#">「のどごし〈生〉」の新CMがスタート</a></li> <li></li></ul></div></div>

モバイルファーストを意識したレスポンシブデザインサイトの制作 2

授業で制作を進めているモバイルファーストを意識したRWDサイト(netsmart)のモバイルサイト部分を完成させましょう。完成例 http://yachin29.webcrow.jp/sp/ 今回組み込むjQuery キービジュアルのスライド(bxslider) タブパネル アコーディオンパネル ウィ…

全面レイアウトのレスポンシブサイト

今までの授業ではカラムレイアウトを中心にレスポンシブデザインサイトの制作をして来ましたが、今回は既存のサイトをモデルにした全面レイアウトでのレスポンシブサイトを作っていきましょう。全面レイアウトの場合、そのような考えで画像をサイズを決めな…